12月 4, 2012 at 12:32 AM • Posted in 未分類コメントは受け付けていません。
急な入院などで高額な医療費を支払うことになってしまった時、手元に現金がないと困ってしまいますよね。
健康保険からの給付制度や民間の保険からの給付などは申請してから数週間から数ヶ月後でないともらえないので、とりあえず現金を用意しなくてはいけません。
公的な貸付制度もありますが、それだけでは足りないということもあるでしょう。
そんな時に頼りになるのが消費者金融会社です。
日頃からもしもの時のために貯金していれば問題ないですが、そうでない場合はどこかで借りるしかありませんよね。
また長期間の治療が必要となった場合などは、いくら貯金があってもまかなえなくなる可能性もあります。
ですから、万が一に備えてカードローンの申し込みをしておくのも大切かもしれません。
消費者金融系は保証人や担保は必要ありませんし、最近は金利も低くなっているので借入れしやすくなっています。
また比較的審査も通りやすく、一度審査にパスして借入れすることができれば、限度額の範囲内で繰り返し利用することができるので大変便利です。
ただし、あまり安易に借りるのではなく本当にもしもの時だけ借りるように心がけましょう。
余裕のあるときは多めに返済するなどして早めに返済していくといいでしょう。
ホームページ上で返済シミュレーションができる会社も多いですから、自分の収入と月々の返済額などをきちんと把握して無理のない借入れをしましょう。
カードローンは上手に利用すれば心強い味方となりますよ。

Sorry, comments are closed.